新着記事

2016年08月27日

「友達」のこと。

友達。

Twitter や、Facebook。。

やり始めは何がなんだか訳が分からぬままやってました。

でも、だんだん慣れてくるとと結構楽しくて(笑)

それを通じて知り合いもたくさん出来ました。

今思うと、気持ち的にとにかく新鮮で、それを中心に一日が過ぎていく。。

そんな感じでした。

しかし、最近やたらと同級生の訃報が届き、改めて
「友達のあり方」を考えるようになりました。

若い頃と比べて、生活環境も変化するのは、ある意味当たり前の事なのかも知れません。

でも、それまで何度も訪れていた同級生の家にも全く行かなくなってしまってた。

久しぶりに連絡をとってみると、あんなに元気で楽しく豪快だった親父さんが亡くなってたり…

他の同級生は、病と闘ってたり…


50歳とはいえ、もうそんなに若くはない。

でも、この年齢になって、ふと感じる。

本当の友達って、そんなにいるものではないんじゃないのかなと。

そいつらを大切に思えるような時間を作った方がいいのかなと(笑)

決して、Twitter や Facebook等で知り合った人達を大切に思っていない、というわけではない。

ちょっと振り出しに戻って、メールとかで連絡し合うよりも、直接会って、顔を見て話す。

便利なモノが無かった時代にやっていた事に戻ってみようかなと(笑)

中には、あと数年生きられるのかさえわからない友達もいます。

友達がいなくなってしまってから
「あの時、ああすればよかった」

「もっと会っておけばよかった」

「何でもっと早く知らせてくれなかったの?」

…つい、後悔ばかりの思いを口にしてしまう。

そう考えると、やはり大事にするべきなのは、自分から行動に移して、マメにとはいかなくても、たまに顔を出すだけでもいいんじゃないかなと。

これまでFacebook等に費やしていた時間を、友達に会いに行く為の時間に変えて、若かった頃とはまた違う、オッサンの付き合いを大切にしたくて。( ̄ー ̄)ニヤリ

「何年経ってもオマエは変わらんなぁ」

友達の何気ないその言葉が、何故か妙に嬉しい(笑)
posted by 海坊主 マスター at 18:25 | 日記